キャリアの大きな二つのルート

看護師の中には「キャリアアップしたい」と考えてはいるものの、実際にどのようにしてキャリアを上げていけば良いのかわからないという人が多くいるのが現状である。それは看護の仕事が企業で働く会社員などとは違う、人間関係や職場環境が特殊かつやや閉鎖的な環境にあるため、一般的なキャリアの上げ方が通用しにくいという点に由来している。

その一方で、実はキャリアアップの道筋が意外に多いという点から、自分に適合する道筋がどれなのか判断がつきづらいという点も理由として挙げることができる。実際に看護に従事する人々がキャリアアップするためには、どのようなルートがあるのだろうか。その道筋を大別すれば、病院で看護職に従事しながらキャリアを上げていくルートと、病院から出た看護の分野でキャリアを上げていくルートの二つがある。

前者は、主任や看護部長などといった管理職、専門・認定看護師などが主体となる。それぞれ専門の試験に合格することで昇任することができるが、実際昇任して働くに当たっては、職場でよりよい経験を積んで看護のスキルを上げておかなければならない。

他方後者は、創薬メーカーや医療器具を開発する企業に雇用される技術スタッフや、大学・大学院で看護分野の学術研究を行う研究員などがある。こちらは直接看護の仕事に従事する機会は無くなってしまうものの、将来的に看護業界において寄与する所が大きい仕事になるため、看護師からのキャリアルートとしては大変やりがいがあるものと言える。

前者、後者いずれにしても看護の分野において良い経験ができ、それは必ずキャリアアップに繋がるだろう。看護の分野において、より良い経験をしたいという人のためのサイト(http://betternursing-experience.com)もあったので、参考にすると良い。