Archive for the ‘多様化’ Category

看護師がキャリアアップを目指す上では日々の仕事を通じて経験を積んでいき、その経験を上手く活かしていくことが重要だ。そのため、看護職でのキャリアアップは入念なプランニングが必要とされ、より良い経験を重ねて看護師の職務に役立てる事が大切である。

看護師のキャリアとして一般的なルートは、勤務経験を積み管理職的なポジションに就くものである。しかし、看護師のキャリアは多用化し、これまでとは異なった方法で看護スキルを役立てることが出来るようになっている。その一つに教員というキャリアパスがあり、これまでの医療機関での職務経験を活かして看護師を育成するものがある。さらに大学等の教育機関で学生を指導しながら専門分野の研究に携わる事もでき、実務経験を活かしてより良い看護のシステムを考案するなど医療業界に貢献する存在となるのだ。

また、経験を積んだ看護師のキャリアパスとしては社会活動に参加するというものもある。これは海外の医療設備が不十分な環境で医療従事者として貢献する事が出来るのである。発展途上国で医師と共に現地で治療に専念することで、新たな技術や支援の必要性を痛感させられる事も多くなるのだ。その結果、教育機関に入学して看護に関連する専門的な資格を取得したり、国際的に活躍できる医療従事者となるための勉強をする事も多くなるのだ。この社会活動への参加がよりよい経験となり、看護師として幅広い分野でスキルを活かすことが出来るようになるのである。