Archive for the ‘専門家’ Category

医療現場で働き始めるようになると将来の事もあらかじめ考えることが勧められる。目標設定を始めに行えばはっきりと進むべき道が分かるため、同じスタートを切った看護師の中でもステップアップが早い。

将来のキャリアを考える場合、選ぶ方向性はいくつかある。その中の一つに、専門家を目指すという方向性がある。外科や内科など医療関連の各種専門分野で、高度な看護知識や良い経験を身に付けキャリアアップを目指す。この場合、どの専門分野を選ぶか早期に選択した方が良い。キャリアアップのため身に付けなければならない専門知識は数が多く、また専門的なより良い経験ができる職場を選ぶ必要が出てくる。

一方でこのような専門分野へのキャリア以外にも、マネージャーを目指す方向性も存在する。マネージャーは医療現場で働くスタッフを管理する役割である。病院では看護師長や部長といった役職がこれに当たる。マネージャーの仕事は管理能力が求められるため、その方面の知識や良い経験を多く積むよう新人看護師の頃から心掛ける。

専門家になるかあるいは管理職の道に進むかの判断は適性にもよる。そこで将来のキャリアの方向性を見定めるため、適性診断を受ける手段もある。仕事に向いている素質を適性診断で客観的に分析すると、将来進む必要がある道も分かりやすい。あるいは医療の現場で憧れ目標にできる人物を見習い、専門家かあるいは管理職のいずれのキャリアアップの道を選ぶか判断もできる。